前へ
次へ

加齢による肩こりになってしまう原因

肩こりは多くの人に表れている症状であり、普段から慢性的な肩の痛みに悩まされている人も多くいます。肩こりになってしまう原因としては、普段の生活の中で肩の筋肉が緊張する事が考えられます。それ以外に病気なども原因とされていますが、加齢によるって肩が凝ってしまう原因にもなっています。ではなぜ加齢によって肩が凝ってしまうかですが、まず肩周りの筋肉や筋などが衰えてくるという点があげられます。本来であれば筋肉や筋が肩周りを支えているので、ある程度の衝撃などに耐えられるようになっています。ですが筋肉や筋自体が衰えることで、ちょっとした衝撃や負担に対して支える力が弱まる事で、結果肩がこってしまうという症状が表れてしまいます。また背骨にある椎間板はクッションの役割となっていますが、このクッション自体が弱まる事で肩や首に痛みという症状に表れてきます。このよう年齢を重ねる事が原因で肩こりが起こる原因ともされています。

Page Top