前へ
次へ

お年寄りが肩こりを起こしやすい理由

お年寄りのイメージの中には、肩こりによって、肩を叩くイメージもあるのではないでしょうか。お年寄りだから、なるのでは無く、お年寄りの中でも健康な体を持ち合わせている人もいます。お年寄りによる肩こりの原因は、体の衰えが最大の原因です。筋肉の衰えは、衰えた筋肉に大きな負荷が現れやすくなります。その負荷を避けるために、前かがみになる姿勢も現れやすくなり、違った筋肉や骨などに負担がかかり始めるのです。肩こりにならないお年寄りの多くは、散歩を心がけたり、健康に対する意識を高く持っています。筋肉の衰えは、早ければ30代から始まる話もあり、お年寄りだけの内容ではありません。現世、働き盛りの成人でも、猫背の姿勢の方は進行が始まっている可能性もあり、注意する必要性もあります。姿勢の悪さは、腰痛の方が痛みが強く、肩こりが原因だと気づきにくい場合もあるでしょう。個人の確認は誤った考えを生み出しやすく、専門機関で全体の様子を調べてもらうのも大切です。

Page Top